FX専門用語説明(*´꒳`*)

①レバレッジ

レバレッジとは、投資金以上の取引ができる仕組みのことです!

簡単に言うと取引を行う会社がプラスで補填してくれるお金(倍率)♪( *´艸`)

レバレッジには非常に大きなメリットとリスクがあります

どんな時に儲かるの?損はしないの?

儲かる簡単な例

(1) 1ドル=100円のときにドルに換金

(2) 1ドル=120円で円に換金

上のように換金すると20円儲かりますよね?

その時に必要なお金は(1)の100円。これが外貨預金の考え方です。

FXでは更にレバレッジがかかりますので同じ100円の投資額でも2倍、3倍、、、、25倍の投資額で取引が可能となり、利益も2倍なら40円、3倍なら60円、、、、25倍なら500円と大きな利益を上げることが可能となります(*’ω’*)

レバレッジのデメリット(リスク) 損をする例

(1) 1ドル=100円のときにドルに換金

(2) 1ドル=80円で円に換金

すると20円分損をします。でも80円は残りますね。
ただレバレッジをかけると100円の投資額をかけているつもりでも実際の取引額は2倍、3倍、、、、25倍となっていますので損失も比例的に大きくなりますΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

「じゃあレバレッジは投資額以上の損失がでるの?」と言われるとそういう訳ではありません。

ゼロカットシステムという機能がありますので追証を追う事はありません。(詳細はゼロカットシステムのページをご覧下さい)
基本的に投資額以上の損失にならないようにFX会社の規定により途中で取引を終了する反対取引(ロスカット)が自動で入ります。

基本的に投資額以上の損失にならないようにFX会社の規定により途中で取引を終了する反対取引(ロスカット)が自動で入ります。

「FXはリスクが大きい」「レバレッジは危険orあぶない」と言われますがレバレッジのメリットとリスクは表裏一体ということなのです。

証拠金・レバレッジに関するQ&A(よくある質問)

  • Q.レバレッジは最大いくらまでかけることができますか?
    A.日本国内の個人口座の場合、最大レバレッジは25倍です。

    ただ海外FXではレバレッジ500倍から1000倍になり最低でも日本と海外で20倍は違います。
    ※中にはレバレッジ3000倍という業者も出てきているみたいですが、
     入出金の問題で当方ではおススメしておりません・・( ..)φメモメモ
  • Q.  FXの証拠金ってなんですか?
    A.   預入金のことです

    銀行ローンなどでお金を借りるときに担保が必要になりますよね?
    それと同じくFXではレバレッジを使った取引をする際には必要証拠金という名前の預入れ金が必要となります。
    必要な証拠金額はFX口座の種類や通貨ペア、取引量によって必要な額が異なります。 証拠金は「レバレッジ」と「取引単位」によって変わりますので、言い換えると”レバレッジが高いFX会社”は低資金で何百万円の利益を出しやすい! という事です。

  • Q.レバレッジが高いFX業者はどこ?
    国内FXは説明したとおり25倍に制限されていますのでどこのFX業者を利用してもレバレッジは25倍です。
    海外FXは25倍に制限されていませんので業者によってレバレッジが異なります。

    私がおススメしている業者は以下になります(*´ω`*)
     海外FX  レバレッジ1000倍業者

  • GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  • IS6.COM(アイエスシックス)
  • XM(エックスエム)

    海外FX レバレッジ500倍業者

  • LAND(ランド)

②ゼロカットシステム・ロスカットシステム

ロスカットとは、


証拠金が一定水準以下に下がった時に、FX会社が投資家の損失を強制的に決済する仕組みのことです。

FXを始めたばかりの方やこれから始めようと思っている方が不安に感じるのは
「借金・マイナス分の負債」ですよね?

そもそもロスカットって何?
レバレッジを上げすぎるとロスカットも増えるって聞いたんだけど( ^ω^)・・・
証拠金が全部なくなっちゃうの?

 上記のような考えを持っている方の不安を解消をしていこうと思います。

他のサイトではロスカットは怖い。 絶対防がなければいけない。と書いてありますが、
私はロスカットというシステムがあってありがとう。と思っています。
だって、ロスカットというのは入金してある証拠金に対して、何パーセントまで損失が出たらFX会社が強制的に取引を閉じる というシステムなんです。
もしロスカットがなくて損失が増え続けた場合、入金した証拠金が全部なくなるどころか借金する可能性だってあります( ;´д`)工工工エエエエエェェェ
お金を増やそうと思って始めたFXの資金が全部なくなるとか借金とか絶対嫌です。
ロスカットがあるからこそ資金が残り、 その資金でまたFXが出来るわけですね。

とは言え、ロスカットの水準は証拠金の100%と設定している会社が多いのでコレをくらうとかなり痛いです。
またレバレッジをかけすぎると上手い人は資金の増えるスピードは上がりますが、大抵の人はロスカットされるスピードが上がるだけになってしまいます(´・ω・`)ショボン
 自身の技量と知識の量にあった会社で取引をおススメします(*´ω`*)

ゼロカットシステムとは、

入金した金額以上の負債が発生した場合、入金以外の負債は業者が負担してくれる事です。


レートが急激に変動した際や流動性の低い(取引が活発ではない)通貨をトレードしていた場合には決済注文が約定せず、 ロスカットがかからないことも考えられます。
ロスカットがかからなければ入金以上の損失が発生する事も考えられますよね? これを助けてくれる機能がゼロカットシステムになります。
 
つまり海外FXでは10万入金して15万負債が発生しても、5万は業者が補ってくれるという事です。 本当にありがたい話です!!!


残念なことに日本は違います・・・・(´・ω・`)
レバレッジが25倍であっても大きく負債を発生させる方は多くいます。
朝起きたら100万入れていたのが-1000万とかは実際あります。
日本ではゼロカットシステムがないので差額の900万は支払わなければなりません。
海外FXではリスクがありそうですが、しっかりと取引がしやすい環境になっていますので入金以上の負債が発生する事はありません。安心を(*´ω`*)

③証拠金ボーナス

海外FXでは多数の業者が新規口座開設で証拠金ボーナスや入金ボーナスキャンペーンを開催しております。
口座開設ボーナスは業者によって金額は違いますが大体で登録で5千、1万、2万と無料で取引金額もらえます
出金はできませんが、ボーナスで勝った分は現金として出金できます。 入金ボーナスとは入金した金額に応じてボーナスをつけてもらえます。
証拠金ボーナス100%だと仮に100万入金したらボーナス100万がついてきて200万で取引できます。
100万の取引と200万の取引ではどちらがいいなんて言うまでもなく・・・ これも業者によって違いますが仕組みとしては上記のようになります。
業者別のボーナスまたのせておきますね(=゚ω゚)ノ

④日本語対応

海外FXで気になる点の一つが・・・そうですよね!散々海外FXは良いと言いながら英語ばかりで取引にたどりつけるのか?ですね。
実際英語ばかりで対応が難しい業者もありますが、私が紹介する業者は全て日本語対応が充実で何の不安なく取引きできます
私が紹介する4社は日本語に完全に対応している為、電話、メール全て日本語で対応してくれますので何の心配もありません。

⑤入金・出金 について

“海外FX取引を行う際に最も気になる点と言えば、資金や利益の出金についてではないでしょうか? ” 口座に振り込んだが反映しない、、、出金したいが振り込まれない、、、この悩みについて解決していきましょう( *´艸`)


海外FX業者は国内とは違い、複数の入出金手段が存在します。
事前にどの方法で入金するのが自分にとってベストなのか考える必要がありますね(=゚ω゚)ノ
入金は非常に簡単ですが、出金のことも考えて入金したほうがいいので、出金を前提とした入金手段の解説をしていきます(*ノωノ)


マネロン対策による基本ルール 基礎知識として、全ての海外FX業者共通でマネーロンダリング対策による以下の制限があります。

・入金元、FX口座、出金先全て同一名義人である必要がある。
・原則入金元と出金先は同一経路である必要がある。

例:クレジットカードはクレジットカードへのみ出金可能。
  利益分の出金は、自由に選べる業者と銀行送金のみとなる業者の2種類が存在します。

こういったルールがあるので、入金時に適切な手段を決めておけば出金のときも同じ手段で出すことになるのでオールオッケーということですね(*’ω’*)フムフム

 クレジット/デビットカード入出金について

クレジットカードではショッピング枠を利用して口座に入金することができます。
カードで何か物を購入する時と全く同じ処理なので、キャッシング枠を利用するわけではありません。 出金の時が少し特殊で、クレジットカードで入金したお金を出金する場合はFX業者側では返金として処理します。

返金処理の場合、FX業者側の作業はすぐ終わることが多いですが、 カード会社側の対応は時間がかかる事が多く、締め日をまたいでいると一旦引き落とされてしまうなどがネックです。
デビットカードは数日で返金されることもあるので、お金の回転 クレジットカードに比べ早いでしょう。
私的にはクレッジットカードよりはデビットカードの方が入金・出金ともにおススメになります。
さらに、過去のカード入金は原則返金処理をする必要があり、優先度が非常に高いです。

これはどういうことかと言うと・・・

例えば最初にクレジットカードで 10万円入金したとします。
その後利益を出すことができず0円になり、追加で10万円を銀行送金で入金したとします。その後は、利益を出すことができ20万円の出金をした場合、
10万円はカードの返金となってしまい、残り10万円は銀行への出金となります。
さらにさらに、出金は入金額と同額が上限です。
入金額以上の利益分は銀行送金で出金する必要があります
カード入金でネックなのは出金なんです(´・ω・`)

クレジットカード使用時のメリット


・入金が簡単 口座への反映が早い

クレジットカード使用時のデメリット


・出金後の処理が、カード会社の処理に左右されてしまう
・過去のカード入金は必ずいつか返金処理をする必要がある
・数百万円単位の入金に不向き
・出金する時にカードの写真を撮らないといけないことが多い
・利益分の出金だけ、銀行送金や他の経路を使わないといけない
 ※カードの写真は実物を保有していることを証明するためでもあります

それくらい入金する時にやってよ、 と思いますが…写真を撮るだけでも面倒なのに、うっかりどのカードを使って入金したか忘れたりしたらもう悲惨です(;^ω^)

それ入金する時にやってよ、 と思いますが…写真を撮るだけでも面倒なのに、うっかりどのカードを使って入金したか忘れたりしたらもう悲惨です(;^ω^)

最大のデメリット! 使えないクレジットカードが多い ・・

最大のデメリットが、VISA以外のカードがほとんど入金に使えないということです。
マスターカードもダメ(◞‸◟)
原因は、銀行に対する金融庁からの圧力で、海外FX業者やオンラインカジノへの支払いを禁止するように言われているからです。
カード入金が成功しても銀行から、「もう使わないように」と電話がかかってきたという報告も頂いていますΣ(゚Д゚)

クレジットカード入金は便利かもしれないけど・・
 わたくしの個人的意見としては、おススメできないです(´・ω・`)

国内送金での入金

海外FX業者は日本国内に銀行口座を持てないので第三者の決済代行会社(今はイープロテクションズというところがシェアほぼ100%)を利用し、 国内送金での入金を受け付けを可能にしており、これにより三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行経由での入金が可能となります。

国内送金のメリット

・送金手数料は国内送金の手数料なので安い
・入金の反映が海外送金と比較し早い(即日反映可能)

国内送金のデメリット

・1回100万円以上の入金は制限される
・出金経路は海外送金となるので受け取る準備が必要
・将来的に圧力で消えそう
※ちなみにイープロテクションズは、経由するだけで預けっぱなしにはならないので資金喪失リスクは少なめ。
現在は、マイビットウォレット(同じ運営)があるので正直、使う必要はないです。
マイビットウォレットに国内送金で入金したほうがいいですね|:3ミ

海外送金での入金

皆さんがお持ちの日本国内の銀行から、例えば、イギリスの銀行への入金などになります。
クレジットカードで数百万円の入金が出来る人は少ないと思うので高額送金には向いています。
しかし、海外送金となると、手続きが面倒で到着に数日必要なため急ぎには向いていませんし、少額だと手数料が勿体無いです。
法人以外で海外送金している人いるんでしょうか?というくらいレアです(´・ω・`)

海外送金のメリット

・高額な入金時に安心
・どこの業者も必ず受付可能!出金も銀行送金なのでカード出金ほど複雑なことはない

海外送金のデメリット

・海外送金は到着までに数営業日が必要
・海外送金の手続きの手間と送金手数料が高い
・海外送金は優先度が低い方法です。もちろんオススメしてません

最後に・・・まとめ

 ・クレジットカードの出金(返金処理)の場合 クレジットカードを撮影した写真を要求されることがあります。
これは実物のカードを保有しているかを調べるためでもあります。
カード番号を照合するためではないので普通はセキュリティのために下4桁以外は隠して写真を撮るように言われます。
面倒なところでは、カードを手に持った自撮り写真を送るように言われることがあります。
これは提出した身分証明書の顔と一致するかというのも合わせて確認するためです。
これを要求されることはめったにありませんが、こういうこともあるということを覚えておくと良いと思います(´ω`*)。

・銀行送金による出金の場合は、受取銀行が発行する明細を送るように言われることがあります。
こちらも実際に保有している銀行口座かを確認するためですので、 名前や住所の記載が必要と言われることもあります。
日本の銀行は、銀行関連の書類をこういった証明に利用することが少ないので用意するのが面倒なことが多いです。
紙の書類でなくても、インターネットバンキングの画面のスクリーンショットなどでもOKなことがあるので、サポートに相談してみてくださいね(*’ω’*)

業者ごとにわずかながらクレジットカード対応や出金スピードは異なりますので個別に説明していきますね_(:3」∠)_


上記の内容①②③④⑤からトータル的に優れた海外FX業者を紹介させて頂きます。
上部にあるメインメニューのおススメ海外FXをクリック!( *´艸`)

タイトルとURLをコピーしました